お金は小さい頃から貯める習慣をつけて、正しく利用できる方法を身につけておくことが

とにかく寝る。 もしくは、ここまでどうにかなった。 という事は今回もどうにか乗り切れるとポジティブに思い込む。 編み物や運動などに没頭して不安や考え事を忘れるようにする。

お金は小さい頃から貯める習慣をつけて、正しく利用できる方法を身につけておくことが

友人と近所のショッピングモールへドライブに行った時、目の前にあった新築マンションを見たいと言うので内覧。 そのまま契約の話になりそこに住み始めた事。 金持ちとは聞いてたけど、びっくり!妹や母親まで。 買い物のしすぎとか自分の生活習慣の乱れからの借金は言えない。 ただ騙されたとか正当な理由があれば話せるとは思っています。 何か高額な物を買う相談程度であれば友人にもできます。

お金に関する失敗談

調子に乗って、セールで買い過ぎたり、引越しのタイミングが重なった事でクレジットカードの請求額がいつもの倍以上になりました。 その時点で分割にすれば良かったのですが、知識もなく支払うのが遅く催促電話がよく来たこと。まず自分が何の為にどのくらいの金額を欲しているか、冷静に考えた後、それを稼ぐのにどのくらい働けばよいかシミュレーションしてみます。 しかし実際に人見知りで緊張しやすい自分が苦労して働くことを想像すると、やっぱり別に無くても大丈夫か、と納得できて落ち着きます。

お金はあるに越したことはないけれど、お金の有無だけにとらわれすぎないこと

食事は基本外食で、自炊をまったくしない友人がいるのですが、 お酒も飲むので、かなりの金額になるだろうと思うのですが、 贅沢な使い方だなと感じたことがあります。 自分もたまには外食しますが、毎日は無理です。家族になら基本的にどんなことでも相談できると思います。 収入の金額や、毎月の貯金額、ローンの金額などを相談しています。 消費者金融で借金してしまったとか、そういったことは家族でも言えないと思います。

お金に関する失敗談

やや特殊なジャンルの服に興味があり、とても着てみたかったので、高かったのですが思い切って買ったのは良いのですが、 着にくい、着心地いまいち、着ていく場所がないなどの理由で結局ろくに着ずに処分してしまったことがあります。 今思えばとてももったいないことをしてしまいました。わたしは現在独身実家暮らしの為、同年代よりも自由になるお金は多いはずですが、奨学金の返済などがあり、なかなか思うようにお金が貯まりません。 しかし、今すぐには手元のお金が一気に増えなくても、コツコツと地道にに投資をすることによって、何十年か後には人より多くの貯蓄がはるはずと言い聞かせて、少額ながら投資信託を続けています。

お金を増やすサイクルを作れるまでは、つつましく生きて資金をためるべし。

結婚をして仕事を辞めた友人がいます。 その子がなけなしの結婚前の貯金の中から、投資の勉強に30万をかけると言い出しました。 最初はなかなかの高額の為びっくりしましたが、よくよく聞いてみると、「働かないなら今ある貯蓄を増やす方法を考えないと」と、結構しっかりとした考えを持ってのことでした。実はその子のお家は地元では結構な名家なんです。度々お金の使い方が上手だなとは感じていましたが、お金持ちがお金を使って資産を増やすという話は本当なんだなと実感した場面でした。家庭環境のよく似た友達には、今後の人生のマナープランなどよく相談ます。先日も2人で保険相談に行って、お互いの年収など全てさらけ出し、最適な保険を一緒に検討しました。

お金に関する失敗談

海外旅行に行くとついつい気が大きくなってしまい、財布の紐が緩んでしまいます。その翌月にはカードの支払いが苦しくなり、後から分割などを申し込むことがしばしばあります。海外で買った方がお得だからと買いためた化粧品などを結局高い利子を付けて買っていることになるので、本末転倒です。

コメントは受け付けていません。