お金は天下のまわりものだけど、やっぱり出て行かないで欲しい!

お金が無くて不安が高まる時、まず第一に「別の事を考える」ようにしています。 私はお金のかからない趣味も一応持っていますので、そちらで気を紛らわすなどしてとにかくお金のことを考えないようにします。 趣味に没頭すれば意外とお金の不安も抜けてしまい、気持ちも軽くなってしまうので基本的にはそうやって逃げています。 しかし、どうしても抜けない時もあります。その時は「食べる・寝る」など本能に従ってさっさと自分自身の意識をシャットダウンしていまいます。 不安だからこそ、今悩んでも苦しんでも仕方ない。なら寝てごまかす!そんな原始的な考えで逃げています。

お金は天下のまわりものだけど、やっぱり出て行かないで欲しい!

根っからの貧乏なためか「気軽に何泊もする旅行にいっている」人(先輩、身内)に驚きます。 特に職場の先輩なんかは、ギリシャなど海外をメインとした旅行をしており、お土産などにも力をいれたものを購入してきます。 また、旅行内容も凝っていて、いわゆるガイドさんつきの旅行会社が提案するような内容ではなく、一人で取り決めた気ままな旅をしており、ガイド本片手にいろいろ走り回ったと聞きました。 その話をしている時の先輩はとてもキラキラしていて、そういう楽しみに全力でお金をかける事のできる人は「お金の描け方が違うな」と心から驚きました。やはり身内でしょうか。今姉家族と同居しており、たとえば今月支払いが厳しい…といったものから実はあれが欲しくて…なんておねだりまで、結構なんでも話しています。 基本的に支払いなどの家庭の財布は姉が握っているので、なんでもオープンに話すことができ、ある意味自分の財布は姉に握られているようなものです。

お金に関する失敗談

私は基本的にあまりATMなどには行かない人間で、なのに財布などの中身もあまり確認しません。 いわゆるズボラなタイプなんで、コンビニで大量にお菓子を買い、さあ支払うぞ!という時に財布の中身が1円玉オンリー…なんて事が多々ありました。 また、スーパーなどでも買いすぎて、少し金額が予定よりもオーバーしてしまい、店員さんに「これとこれはキャンセルで…」なんて恥ずかしいながら申し出たことも…。少し客観的になって自分の状況を見るようにしています。 「人と比べて収入は少ないけれど、それなりに幸せじゃないか!」と考えてみたり、「明日死んでしまったらお金なんて持っていけないんだから」と考えたりして折り合いをつけています。

お金はあるに越したことはないけど無くてもなんとかなる

同じ専業主婦の友人と買い物に出かけた時に、ただのタオルに千円以上を払って購入していたことに驚きました。 可愛い柄がついていたものの、私なら5枚千円か100均で十分だなと思いました。実の母親にはよくお金について相談していますが、お金については全てオープンに話すことができます。 仮に消費者金融に多額の借金があったとしても、全て隠さず話せると思っています。

お金に関する失敗談

学生時代に好きなブランドの洋服に何万もつぎ込んで生活費がなくなって後悔しました。 揚げ物を食べるのも好きだったのにスーパーで総菜も買えず、麦茶をがぶ飲みして空腹をしのぎました。 お腹が空き過ぎて気が狂いそうでした。子供の学費や自分達の老後の生活がとても心配です。 子供が小さいため外で仕事をすることに躊躇してしまいお金について考え込むことがよくあります。 そんな時は「子供がもう少し大きくなったら働ける」と思うようにし、それ以上考えないようにします。

金は天下の回り物と言うように、いつかは自分にもお金が回ってくる

子供が5人いる知り合いがいます。 私の家庭よりも子供の人数が多いのですが、年に何回も旅行にでかけています。 国内だけでなく海外にも行き自分自身にもお金をかけているので、どこにそんなお金があるのかといつも驚かされます。お金の悩みをオープンに相談できる人は主人のみです。  お金のことを友達にはオープンに相談したくなく、さらにいくら仲がよくても相談したところで求めている回答はこないと思います。

お金に関する失敗談

失敗したと思うことはあまりないのですが、子供のものにはあまりお金を惜しまないようにしています。 洋服などは古着や他人からのお下がりを自分の子供に着けさせることが嫌で、毎シーズン新品を購入してしまいます。 ブランドなどは買わず安いお店で購入はするのですが、子供3人分で年間10万円ほどかかってしまうのでもったいないなと毎回思っています。

コメントは受け付けていません。