お金があってこそ経験できた事も沢山ある

いつも現金で買い物をしています。理由わクレジットカードなどあとから請求が送られてくるやつだと何円使ったかなど把握出来ないし高額な請求が来て払えなくなったりしたら困るからです。

お金を持てばどんな人でも変わってしまってお金は人を変えると思った

初めはお金もなく苦しい生活をしていたけど自分で開業してから沢山のお金を稼ぐようになって他の女性の人と不倫をして奥さんが精神的な病気になってしまったと言う話です。家族に絶対に言うと思います。
理由は嬉しいことなどがあればその日にあったいい事や嬉しいことなどなんでもまず1番先に家族に話を聞いてもらって皆で喜びたい性格だからです。

お金に関する失敗談

パチンコでジャグラーをして自分が出ると思った台がなかなか出なくてもう少しもう少しと粘っていたら自分のお小遣いがあっとゆう間に全部なくなってしまって後になって困ったことです。現金が多くなりました、若い時はクレジットばかりで買物をしてましたが、お財布にお金が無くてもクレジットカードがあるとつい、使ってしまって、借金地獄になり、お給料が入っても、全てクレジットの支払いで無くなってしまうのです。それからそこ迄、使う事はなくなりましたが、ここへきて、定年退職したら大手の企業ではなくなり、現役時代の様に収入もなくなりましたので、クレジットの買物というのは、次の月に沢山給料が入るから、使えるのであって、少ない収入になると、現金で確実で安心な買い方を選ぶ様になりました。自分の母はカードは全て捨てました、何時、病気になるか、あるいは、死んでしまう事もあるかもしれないと、その時に回りの人に迷惑がかかる事も想定して、使わない事にしたと言っていました。私はまだ捨てる所迄はいきませんが、地道で堅実な現金払いで無理をしてまで購入する事は少なくなりました。

お金はあればあるだけ使ってしまうものです、少なくてもやっていけるものです

カードで買物をして、払えなくなり、また違う会社のクレジットカードで借金を返して、また、それを返すのに、新しいカードを作ってと、何社もカードを使い回し、生活苦になり、都会に住んでいるのに、高収入な仕事があると群馬の方迄、車で通って借金を返す生活となり、そういった仕事はろくでもない仕事で、まともな会社では返せないからといって、生活もボロボロになっていく知人を見た時にカードは怖いとつくづく思いました。3万円なら親に話したくなるかもしれません、驚かせたくて伝えます。また、親は、子供の喜びや良かった話は、自分の事の様に、心から喜んでくれるからです。でも旦那さんには言わないです、母親から、旦那さんに、余計なお金があると言ったら、男は当てにするから、あまり言ってはいけないと育ちまし

お金に関する失敗談

ファッションビルに入って、買う目的が無い時に限って、素敵なものを見つけてしまう事があります、そういう時に限ってお金がないんです、しかも値段も手頃で高額でもないのに、数千円足りないんです、仕方なくその日は我慢して、翌日、お金を持っていくと、もう完売してるんです!悔しくてならないです。現金で買い物をします。
クレジットカードや電子マネーを使い始めると、手元でリアルにお金が減っていく感覚を失ってしまい、性格上歯止めが効かなくなってしまうような気がします。

お金で買えぬ経験もありますが、お金があってこそ経験できた事も沢山あると思います

海外旅行に訪れた際、現地でお買い物をするために所持していたキャッシュを、日本円にして数十万円程度、財布ごと窃盗されたという話を聞きました。
海外では、必要以上にキャッシュを持ち歩かないようにしています。3万円程度であれば言います。
当選金額が大きくなればなるほど、身の危険など考える必要があるかもしれませんが、使い道などは特に他人に対して隠す必要は無いのではと思います。

お金に関する失敗談

海外留学に行った際、現地で使えると思っていたキャッシュカードが使えず、途方に暮れた時がありました。
わざわざ日本から親に、現地の語学学校に日本金を振り込んでもらい、換金してもらい、食いつないだ覚えがあります。

コメントは受け付けていません。